自宅で使うことに特化!据え置き型のレンタルwifiサービス

レンタルwifiサービスには2種類ある

携帯電話で使われている通信回線を利用したインターネット接続をするには、wifiサービスと呼ばれるものを契約する必要があります。レンタルwifiサービスには、通信機器の種類によって、モバイルwifiルーター系と据え置き型ルーター系の2種類存在します。モバイルwifiルーター系は、小型化されたルーターを持ち運ぶ形で、外出先でもインターネット接続をするためのサービスです。一方、据え置き型ルーター系は、自宅に専用のwifiルーターを設置して、室内でインターネット接続をするためのサービスという位置づけとなっています。

携帯電話会社の通信回線を利用するため、インターネット接続に必要な工事が必要ない点が大きなメリットと言えます。ただし、契約するサービスによっては、レンタル料金や実際の接続速度に、ある程度の差が出てくる点が特徴です。

据え置き型ルーター系wifiサービスを選ぶメリット

据え置き型ルーター系wifiサービスの特徴として、比較的大型のwifiルーターを使用するため、モバイルwifiルーター系よりも接続速度が高い点が、大きなポイントです。また、自宅にあるコンセントにつなぐという簡単な方法で、難しい初期設定をする必要なく、すぐにインターネット接続を開始できる点も、特徴となっています。外出先よりも自宅でインターネットをする機会が多い人にとって、据え置き型ルーター系wifiサービスは最適な選択肢と言えます。

据え置き型ルーター系wifiサービスは、原則として、接続に使うwifiルーターをレンタルして使う形態が主流となっています。月額料金に接続代金とルーターのレンタル代金が含まれているため、初期投資額を抑えながらインターネット接続が可能です。